犬のしつけ

エサへの飛びつきを
やめさせる

エサへの飛びつきをやめさせる

エサへの飛びつきをやめさせる

ドッグフードの袋から「ザー」と、食器に移す音を聞くだけで、吠えだす。
食器をまだ置いてもいないのに、持つ手に飛びついてくる。

いわるる、エサへの飛びつき

「お預け」どころではありません・・・

これ、エサの我慢ができないとか、
よほどお腹が空いているとか・・・

問題は、そんなことではありません。

主従関係ができていないことが問題なのです。

犬が自分の方が上位だと思っているのです。

「いくら吠えてもエサはもらえない」
「リーダーである飼い主の許しなしには食べられない」

それを犬に理解させる必要があります。

主従関係の再構築の必要があるのですが、
とりあえず簡単に問題解決する方法もあります。

それは、2人1組で行います。

エサの用意をするまでの間、犬は、ハウスにいることが多いので、
1人は、ハウスの近くで待機。

もう1人がエサの準備を始め、
犬が吠えだしたら、ハウスの後ろを持ち上げます。

突然、床が傾くのですから、犬はビックリ!

これで、一瞬は吠えるのを止めます。

ハウスが水平に戻ると、また吠えだしますが、
何度か繰り返すと、効果はてきめん。

吠えると恐ろしいことが起こると、思いはじめ、
吠えるのをやめます。


ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


室内で放し飼いにしている場合には、「リード」を使います。(2人1組で)

食事(エサ)の時間の少し前から、犬にリードをつけておき、
エサを用意する音やエサの匂いで、犬が吠えたり飛びついたりしようとしたら、
リードを、キュッと引っ張ります。

犬は、首に不快感を覚えますので、これを何度か繰り返せば、
「エサに飛びつこうとしたら不快なことが起こる」と自覚します。

多少の根気は必要ですが、効果はありますので、
続けてみてください。


ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


  ヨークシャ・テリア ヨークシャテリア



このページの先頭へ