犬のしつけ

家族の食事を欲しがる場合は?
テーブルに上がらせない

家族の食事を欲しがる場合は? テーブルに上がらせない

家族の食事を欲しがる場合は?
(テーブルに上がらせない)


家族の食事に、おとなしく待てずに、

テーブルに上がろとしたり
お皿の食べ物を食べようとしたり


そんな飼い犬の行動に困ってはいませんか?

犬と一緒に食事をすることに、喜びを感じている・・・

そんな風に感じておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、
やはりこれは、「主従関係」から見ても良くありません。

百歩譲って、少し離れた場所で、
自分のエサをおとなしく食べているならまだしも、

テーブルに乗って、家族の食事を食べてしまうのは、
見過ごせませんよね。

一番簡単な解決策は、ハウスの中に入れてしまうことです。

ハウスの中で吠えようが暴れようが、
一切無視で、ハウスから出さないことです。

あまりにうるさい場合は、この方法も・・・


室内で飼っている場合など、別のやり方としては、

テーブルに乗ってはいけないことを
身を持って体験させることです。



小型犬の場合は、
椅子に乗ってからテーブルに上がろうとするので、
椅子に紐をつけておいて、椅子に上がってテーブルに前足をかけようとしたら、
紐を引っ張ります。


このタイミングで椅子が引っ張られるのですから、
犬はビックリ! 尻餅状態です。


大型犬の場合は、
床に後ろ足を踏ん張って、直接テーブルに前足をかけようとするので、
知らんぷりをしながら、後ろ足を足払い。


ポイントは、犬に(足払いした)犯人を悟られないことです。

誰がやったのがわかれば、犬との対立関係の元になります。

何だかわからないけれど、
テーブルに乗れば恐ろしいことが起こる。


犬にそう思わせることが重要です。


ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


心優しい飼い主の方なら、犬が可哀想と思われるかもしれません。

また、「ダメしょ!」とか言いながら、犬と触れ合えなくなったことに、
飼い主さん自身が、寂しさを感じるかもしれません。

でも犬は、序列の動物で、飼い主とは主従関係が基本。

頼れるリーダーに従って暮らすのが幸せなのです。


ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


  ヨークシャ・テリア ヨークシャテリア



このページの先頭へ