犬のしつけ

散歩中に座り込んで
しまう場合は

散歩中に座り込んでしまう場合は

散歩中に座り込んでしまう場合は

散歩中に犬が座り込んで動かなくなる・・・

小型犬なら抱き抱えて帰ることもできますが、
大型犬ともなると、大変な事態です。

そんな事態に陥った場合の方法があります。

その方法は、

リードを2~3回、チョンチョンと上に引いて、
犬の首を刺激します。


あくまでチョンチョンです。
決してグイグイと力任せに引かないでくださいね。

チョンチョンと首をしゃくり上げられた犬は、
たいていは、これで立ち上がって歩きだします。

が、またすぐに座り込んでしまうかもしれません。

その場合は、すかさず、またチョンチョン。

座り込んだら、チョンチョンと首がしゃくり上げられる。

そう記憶した犬は、
座り込むと良くないことが起こると理解します。

繰り返しますが、力任せは厳禁です。
叱ったり、暴力的な対応も厳禁です。

どういう行動をとるべきか、
犬自身で考えさせることが重要です。


ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


また、犬が座り込んでしまうのは、
それなりの理由があるはずです。

その先にルートに、怖い思いをした場所があるとか、
どうしても行きたくない場所があるかもしれません。

下りの階段を怖がるのも、よくあることです。

散歩コースが長すぎて、本当に疲れてしまったのかもしれません。

犬の望みのままに・・・では、
主従関係の原則からしてNG行為ですが、

犬をよく観察して、主従関係に悪影響を及ぼさない範囲での、
散歩コース、散歩距離の調整は、考えてあげてください。


ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


  ヨークシャ・テリア ヨークシャテリア



このページの先頭へ