犬のしつけ

散歩中の拾い食いを
やめさせる方法

散歩中の拾い食いをやめさせる方法

散歩中の拾い食いをやめさせる方法

散歩中に、ゴミ箱や道端のゴミの匂いをかいたり
時は、それを食べ出したり・・・は、よく聞く話です。

イヤだなと思いながらも、仕方ないかと黙認していると、
やがては、「拾い食い」は習慣になってしまいます。


さて、これをやめさせるには、
2人1組であることを行います。

まず1人が、犬の好きなおやつ(できれば匂いの強いもの)を持って、
散歩コースを先回りして、そのおやつを置いておきます。

もちろん、他の犬が食べたり、ゴミの不法投棄にならないように、
散歩の直前のタイミングで置いて、すぐに回収するのがマナーです。


散歩中の犬が匂いに誘われて近づいて、食べようとしたら、
くるりと向きを変えて逆方向に歩き出します。


これも リードが緩んでいる状態で 行ってください。

リードは張っている状態がなぜいけないのかというと、
犬との引っ張り合い、対立関係になるからです。

リードが緩んでいるという、それまで何もない状態で近づいたら、
不意打ちを喰らったように、突然後ろから引っ張られる。


これを何度か繰り返すと、

散歩中のいい匂いは、食べられない
食べようと思ったら、良くないことが起こる


という図式が、犬の頭の中でできあがります。


ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


付け加えると、

「ダメだよ」など、諭すような言葉かけは逆効果です。

愛情あふれる言葉でも、
自分に向って積極的に話しかける相手を、犬は下位とみなします。

犬にとって、そういう行動は、
下位の者が上位の者に対して行うものです。

もちろん、飼い主と犬との主従関係がしっかりできていれば、
時には語りかけたり、触れ合ったりすることは悪いことではありません。

繰り返しますが、人の感情ではなく、犬社会のルールを理解して、
主従関係をしっかり構築することが大切です。


ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


  ヨークシャ・テリア ヨークシャテリア



このページの先頭へ