犬のしつけ

名前を呼んでも
来ないときは

名前を呼んでも来ないときは

名前を呼んでも来ないときは

名前を呼ばれて駆け寄ってくる犬は、
飼い主の誇りであり、とても嬉しいことです。

また、これこそが犬との暮らしの
理想的なシーンでもありますね。

だから、名前を呼んでも来ないのは、
何とかしたいものです。

犬は賢いので、1週間くらい名前を呼び続ければ、
それが自分の名前だということを理解します。


名前を呼んでも来ないのは、
名前を呼ばれていると認識していない、のではなく、

単に無視しているだけ。

やはり、主従関係の問題 なのです。

ここで、主従関係をあらためて教え込む必要があります。

その方法は、

まず、犬にリードをつけて歩きます。

(リードはたるんだ状態で)

犬が飼い主よりも前に出ようとしたら、
クルっと方向を変えて、逆方向へ歩きます。

いきなり方向が変わるので、リードは引っ張られ、
犬の首は引っ張れることになります。

犬は不快なので、飼い主の方向に合わせます。

そして、犬がまた前に出ようとしたら、
同じことを繰り返します。

ポイントは、犬の方を見ず、話しかけもせず、
飼い主の勝手気ままにおこなうこと。


常に人が犬を従わせる

こうすることで、飼い主が主人(上位)であることを、
犬に再度、教え込み、自覚させます。


(この方法を「リードウォーク」といいます)

家族で犬を飼っているときは、
家族全員がこれをやるといいでしょう。

こうすれば、家族の誰もが、自分より上位だと、
犬に自覚させることができます。


ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


  ヨークシャ・テリア ヨークシャテリア



このページの先頭へ