犬のしつけ

「すわれ」「ふせ」を
覚えさせる方法

「すわれ」「ふせ」を覚えさせる方法

「すわれ」「ふせ」を覚えさせる方法

飼い主と犬の、いい主従関係を築くためにも、
命令に従う基本の行動は大切です。

その基本は、やはり「すわれ」「ふせ」

効率よく覚えさせるために、エサやおやつを使います。

「すわれ」は、手にエサを持って犬の鼻先にもっていきます。

そして、その手を徐々に下げていき、犬を座らせて、
座ったところでエサを与えます。

特に声はかけずに何度か繰り返して、
問題なくできるようになってきたところで、

座りかけたら「すわれ」と声をかけます。

これも何度か繰り返して、
最終的には、エサは使わず「すわれ」の声だけにします。

こうすることで犬は、「すわれ」の意味を理解して、
「すわれ」の声で座るようになります。

「ふせ」も同様で、手にしたエサを鼻先にもっていき、
座った位置よりもさらに低い位置、床に着くぐらいに下げます。

飼い主さんも床に座って足を延ばし、
犬が伏せないと入れないくらいの隙間できるくらいに膝を上げて、
その隙間に、エサで犬を誘導するのも一つの方法です。

「すわれ」と同様に、
伏せかけたら「ふせ」の声を出して、伏せたらエサを。

そして、最後は、「ふせ」の声だけで伏せができるようにします。

最初はエサ(おやつ)を使い、それから手だけを使い、
最後は声だけで。


すぐにできなくても、
怒ったりイラついたりせずに繰り返し行ってくださいね。


ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


  ヨークシャ・テリア ヨークシャテリア



このページの先頭へ