犬のしつけ

撫でようとした人を
噛まないように

撫でようとした人を噛まないように

撫でようとした人を噛まないように

家族以外の人に唸り声をあげたり、
近づいたり撫でようとしようものなら、噛みつきかねない・・・

犬の飼い主さんにとっては、とても心配なことですね。

生後1~3か月くらいにの時期に、
飼い主とその家族にだけしか接してこなかった場合に、
そういうことがよく起こります。

人に触られたときに吠えたり
噛みついたりしないようにする


そのための、しつけ方法があります。

まず、犬を座らせた状態で、一人が餌を出し、
犬がその餌を食べているときに、別の人が後ろから抱きかかえます。

もし犬が暴れようとしたら、
犬の背中を密着させて、犬の下顎を押さえます。

下顎を押さえていれば、噛まれることはありません。
また、犬との密着度が増せば暴れにくなります。


(専門的には、これを「ホールドスティル」といいます)

この状態で、犬の身体中を触っていきます。

そうすれば、徐々に触られことになれて、
撫でようとした人に、唸ったり噛んだりすることもなくなります。

この方法は、犬が若いほど(子犬であるほど)、早く慣れます。

慣れてくれば、餌がなくてもできますし、
どこを触られても、おとなしくしていられるようになります。

犬にとっては、絶対服従の態勢なので、
飼い主と犬との「主従関係」も、より強固なものになっていきます。



ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


  ヨークシャ・テリア ヨークシャテリア



このページの先頭へ