犬のしつけ

外出するときは
黙って出かける

外出するときは黙って出かける

外出するときは黙って出かける

仕事や買い物をはじめ、外出するときに、
「いってくるね」「すぐかえってくるね」など、
声をかけたり、撫でたり、抱きしめたり、

目一杯の愛情を注いで、出かける人も多いようです。

でも、これ、

犬にしてみればストレスの原因です。
不安、寂しさ、ストレスを増大させるだけなのです。


出かける際の目一杯の愛情は、
これから始まる一人ぼっちの時間を意識させ、
マイナス感情を大きくしてしまいます。

そこからくるストレスが、問題行動のきっかけになったり、
病気の原因になってしまいます。

足などの同じところを舐め続けて、毛が抜けてしまったり、
皮膚が炎症を起こしてしまうのも、こうしたストレスも原因です。

家具やソファーやクッションなどを噛むのも、
このことが原因であったりもします。

何事もなかったように、
黙って出かけて、黙って帰ってくる


離別と再会はさりげなく、飼い主は家にいてもいなくても、
犬の感情が大きく揺さぶられることのない環境が大切です。


ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室
 (DVDで犬のしつけ方法を解説しています)


  ヨークシャ・テリア ヨークシャテリア



このページの先頭へ