成犬になって「厳しいしつけ」を行うのではなく
子犬を飼い始めたらすぐに、
子犬と飼い主に「優しいトレーニング」


「子犬を飼い始めたらすぐに」が大切です


 問題行動を起こす犬を成犬になってから改善するのは
 プロのドッグトレーナーでも難しい仕事です

 その段階での「厳しいしつけ」は、
 「その子」にとっても飼い主さんにとっても辛いものになります

 だからこそ、

 速い段階で「いい子」に育てるトレーニング方法を、飼い主さんが学ぶ必要があるのです

   子犬のしつけ法


なぜ、子犬のうちにトレーニングを始めるほうがいいの?


 それは、子犬が産まれて生後4ヶ月ぐらいまでが、
 その犬の性格や精神面を決定付ける「社会化期」だからです

 この社会化期に、様々な刺激を「良い体験」として経験させることで、
 犬にとって「他の犬や人」「様々な音」などの刺激に対し、
 自らをコントロールする力が身につくのです

   子犬のしつけ法 「子犬を飼い始めたらすぐに」が大切です